下記に当てはまる方は絶対に購入しないでください

たくさんのオメガナッツオイルを待っているお客様がいます。下記に当てはまる方は、絶対に購入をしないでいただきたいのです。希少になってきているこのオメガナッツオイルを、必要な人に必要な分だけ購入いただけることを切に願います。

1

いつも頭痛にも悩まされず頭がすっきりしている

2

生理痛なんて全くなく、毎月一定周期で生理がきている

3

お肌がつるつるで、いつもしっとり潤っている

4

コレステロール値が低く、常に正常な数値

5

体がポカポカして冷え性なんて全く経験がない

あなたのカラダは、油が重要なカギをもっている

そうです。錆び(サビ)たパイプの画像です。

実はこの錆びが、カラダとあぶらの関係を考えるときに分かりやすいたとえがかもしれません。

錆びは、日常さまざまなところに見かけます。

■さびた傘

■さびたお金

■さびたドア

■さびたタイヤ

■さびた包丁

錆びた道具は、

使い物にならないだけでなく、ほかのものにも錆びをつけてしまいます。

これは人間の体の細胞にもいえることで、

実はあなたの体にも錆びが潜んでいる可能性があります。

どこに錆びがきてしまうのでしょうか。

質問です。あなたの体のどこが錆びやすいでしょう?

1

髪の毛

2

皮膚

3

答えは・・・・

そうです。なんと、あなたの50兆個の1つ1つの細胞のあいだに錆びは入り込み。

あなたの隣り合った細胞を次々と錆びさせてしまうのです。

 

常にあなたは、この錆びリスクにさらされているのです。

 

では、この錆びリスクはどこからきているのでしょうか。

要因は様々ですが、大きい要因は3つ考えられます。

1

酸素をいっぱい体に取り込む

2

ストレスを受けたり、ストレスをためる

3

酸化した食べ物を体に摂りこむ

大きくあげるとすると、3つの要素になります。

1と2は、運動したり、仕事や家庭でのストレスで、体に活性酸素が多くなったり、

ストレスにより体が酸性化してしまうことで錆びリスクにさらされます。

しかし、この2つは運動をしない、ストレスマネージメントを行うことで

回避することができます。

もし、うまいストレスマネージメントのやり方をご存じない場合は、

また違う機会でお話したいと思います。

 

さて、3つの酸化した食べ物を体に摂りこむ。

これが実は、大変重要な錆びリスクの原因と言われています。

では、どのような食べ物で、体は錆びリスクにさらされるのでしょうか。

 

1つに酸性の食べ物を体に入れるということですが、

単純に酸性の食べ物すべてが体に錆びリスクを与えてしまうわけではないようです。

 

一般的に良く食べられる酸性の食べ物。

酢の物なんかも酸っぱく酸性な感じがしまうが、体に良いといわれますね。

なので、すっぱい酸性が体に悪く、錆びリスクを引き起こす原因ではないようです。

 

では、何がいったい錆びリスクに直結する食べ物なのでしょうか?

良く酸化した油をとると良くないと聞きますね。

しかし、酸化した油とはそもそも何でしょうか。

質問です。どの食品が酸化した油を含みやすいでしょう?

1

牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類

2

まぐろ、しゃけ、サンマなどの魚類

3

卵黄

4

アスパラガスなどの野菜

5

ビール

6

白米

7

チーズ・バター

答えは・・・・

はじめて聞く人にとっては、ショックではないでそうか。

これを書いている私もはじめて聞いたときにはショックを受けたものです。

そう、あなた良く食べている食べ物には、酸化しやすい油を含みやすい食品が多くあります。

 

そして、スナック菓子や炭酸飲料なども錆びリスクが高く。

現代の食生活は、すでにカラダを錆びさせるための食べ物や飲み物が充満しているのです。

あなたの体は食べた物でできている

もし、あなたが乗るとしたらどちらの車に乗りますか?

きっとあなたは、左の乗れるか分からないかもしれないスポーツカーを選びますね?

もし、あなたが食べるとしたらどちらのパンを食べますか?

きっとあなたは、左のおいしそうなパンを食べるでしょう。ときどき青カビ好きの方もいますが…

もし、あなたの10年後どちらか選ぶとしたらどちらを選びますか?

これは極端な例かもしれませんが、

もし、あなたの10年後、20年後があなたの食べているもので、

これだけの差がつくとしたらあなたは、どうしますか?

 

もう一度言います。

あなたの体は、あなたの食べた物でできている

あなたの体は、細胞はすべてあなたが食べたものによって、作られていきます。

どんどんどんどんと細胞は死に、そのたびに細胞は分裂します。

この細胞がもし錆びが帯びていたら…。

その錆びは、口にする食べ物から、油(脂質)が重要だったとするなら。

 

少しは、口にする油に興味をもっていただけるでしょうか。

 

私たちマドリーマムは、儲かるから油を販売しているのではありません。

この油と人間の体との結びつきを強く重要と考え、広めていく必要があると思うからこそ。

このように声を荒げて、極端なたとえ話をしてまででも訴えているのです。

どんな良質な油も空気に触れたら酸化がはじまる

さまざま食品も空気に触れると酸化がはじまります。

そして食品は腐ります。

 

油も同じなのです。

 

封を切った直後から酸化がはじまるのです。酸化した油はあなたを酸化リスクにさらします。

いかに鮮度の良い油を体に取り込むかが大事と言えるのです。

 

もし、鮮度の良い油を摂れるのであれば、マドリーマムの商品でなくても良いわけです。

摂ってはいけない油を知る必要がある

あなたはこのプラスチックパイプを食べたことがありますか?

おかしな質問をしてますか?

実は、おかしな質問をしているようでしていないのです。

 

あなたは、このプラスチックパイプを形を変えた食べ物を食べているかもしれません。

それは何か・・・

そう!おいしそうなマーガリンです。

既に知っていて、冷蔵庫にはもうないかもしれません。

あぶらの世界には摂ってはいけない油が存在ます。

 

それが、今アメリカ全州でも使用規制が確定した

トランス脂肪酸

という油です。このトランス脂肪酸は、どのようなものか。

スーパーにいって商品の内容表示をみてもトランス脂肪酸とは記載されていません。

しかし、このトランス脂肪酸はさまざまな食品に入れられています。

実際にはこのように記載されている油の入った食品は、トランス脂肪酸と思ってください。

 

「植物性油脂」

 

この植物性油脂と書かれているものは、ほとんとすべてトランス脂肪酸です。

なぜトランス脂肪酸を使わなくてはいけないかというと、話が長くなってしまうので、

また次回機会があったらお話します。要因は日本という広大な農地がない、自給力が低い国だからかそ起きてしまう問題が隠れているようです。

油のことであなたに知ってほしいことがあります

1.どうしても摂ってしまうトランス脂肪酸を排出する方法

2.アトピーなどの皮膚炎症を抑えるオメガの力

3.女性のダイエットに欠かせない絶対ひつようなもの

4.ガンの増殖を抑える体温とあぶらとの関係

5.酸化しない良質な油の摂り方と、さまざまな希少な商品

6.頭を活性化する脳とあぶらの関係

7.外食が多い人がどうやったら体を良質な油で満たせるのか

8.オメガ3オイルの中でなぜサンチャインチオイルなのか

9.あなたの髪のツヤを一瞬で変化させる方法

10.女性ホルモンとあぶらとの関係。生理不順改善も期待

あなたに知ってもらいたいことがたくさんあります。

あげればあげきれないほど、たくさんあります。

知らないと、マーガリンのようにあなたの体をむしばんでしまうものを、

隣においてしまう事態になってしまいます。

 

そんなあなたに私たちはただ商品を売るために宣伝をしたいのではありません。

本当にあぶらのことを理解し、あなたの将来のカラダのために良質な油を

摂ってもらいたいのです。

 

口酸っぱく言います。

下記に当てはまる方は絶対に購入しないでください

1

いつも頭痛にも悩まされず頭がすっきりしている

2

生理痛なんて全くなく、毎月一定周期で生理がきている

3

お肌がつるつるで、いつもしっとり潤っている

4

コレステロール値が低く、常に正常な数値

5

体がポカポカして冷え性なんて全く経験がない

ここまで読んでいただき、私たちが目指す健康や美容を理解していただいている方に、

今回プレゼントをご用意しました。

知れば知るほど、怖くてそして希望にあふれる

さらに

栽培から収穫、配送から充填まで、良質の油をいかに届けるかにこだわり作った

この画像をご覧ください。何の画像かわかりますか?

50兆個の細胞1つ1つのあいだ

実はそれが酸化した油なのです

全てが酸化した油を含みやすい

では、どのような油が体に良いのでしょうか。

まず1つ。油(脂質)を含んでいる食品は、

鮮度が良いものを食べることを心掛けましょう

賢い油の摂り方小冊子

オメガナッツヴァージンオイル サンプル

冊子及びサンプルのお申込みはこちら

必須

必須

必須

必須

必須

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

必須

必須

必須

Copyright(c) 2010-2016 MadryMom All Rights Reserved.